*

フォントサイズ変更

home お問い合わせ


 バックナンバー   RSS 
総会報告

関西支部総会に参加して

                              弘中伸明(第59期)

 

     

 

 関西に住むようになって35年程になりますが、今年、旭陵同窓会関西支部の総会に初めて参加しました。関西在住の第59期の同級生に声を数年前から声をかけてもらっていたのですが、なかなか都合がつかず、ようやくの参加になりましたが、他の約束と重なってしまい、懇親会の途中で退席してしまい西高OBOGの方々には大変失礼をしました。しかし、短い時間でしたが久しぶりの同級生との再会や示唆に富んだ特別公演、そして諸先輩方の生き生きとした様子などに触れることができ、良い刺激を受けることができました。

 この原稿の依頼を受けて、会報のバックナンバー等をHPで読んでみましたが、皆さん印象的な西高時代のエピソードや社会人になってからの活躍の様子を語っておられて、さて自分は何を書こうと安請け合いしたことを少し後悔しながら考えあぐねました。自分自身の西高での学生時代を振り返ると、長府中学の2年上の先輩に誘ってもらって入ったサッカー部もそれなりに頑張りましたが、他の先輩が会報などに書かれているように「没頭した」とは言い難く、一つ上の学年に倣って受験のために2年生のうちに引退してしまい、今にして思えば、結果はどうあれ他の高校に進んだ友人たちのネットワークを使ったりしながらもっといろんなことができたのではないかと思います。当時の顧問をやっていただいていた英語の山中先生は、生徒の自主性を重んじるタイプの先生だったので、なおさらそう思います。しかし、今でも当時の友人らと年に何回か下関や大阪で酒を飲みながら近況や思い出について話す時間は自分にとって大切な時間になっています。

 学校での成績についても、そこそこの成績をとりながら一年間浪人して北九州の予備校に通い、すでに大阪の大学に進学していた西高の3年先輩でもある兄がいたこともあり、大阪の大学に進学しました。進学についても将来の展望があった訳でもなく、大学在学中に不摂生が祟って体を壊してしまい、リハビリのつもりで始めた豊中市役所での仕事も気づけば今年で勤続30年になっています。

 就職してから数年前までは、年に数回程度下関に住む両親を安心させるためや、学生時代の友人に会うために下関に帰省していましたが、一昨年に両親が相次いで亡くなった前後には、親の入院先が東駅近辺の下関市立市民病院だったこともあり、一時期は毎週のように下関に帰省し、東駅の周辺を下商の教員をしていた当時の父と時にバスでの通学路を共にしたこと(普段は意識的に家を出る時間をずらしていました)等を思い出しながら歩いたものです。すでに下関の実家は取り壊してしまいましたが、海のまったくない豊中から下関に帰り海を眺めるとやはり落ち着きます。

 今年初めて参加した同窓会では同級生だけでなく上の代の先輩とも知り合いになり、後日ギターの手ほどきを受けたり、酒を酌み交わすことができて嬉しく思いました。以前ほど頻繁に下関に帰ることはもうないでしょうが、ふるさと納税で下関を応援したり、部活動で共に汗を流した旧友との再会や同窓会への参加を通じて下関と西高のことを自分のバックボーンとして大切にしていきたいと思います。

 

 


総会報告

 

 

 緑バッジグループ

 

青バッジグループ

 

赤バッジグループ


総会報告



   「当番幹事が取り持つ同期の縁」                                                                                      64期 柴田 徹也 



 
平成29年度の旭陵同窓会関西支部総会は、去る93日に大阪梅田のブリーゼプラザに於いて、関西一円は元より、遠くは北海道、新潟や地元下関からも多数のご出席を賜わり、総勢100名を超える同窓生が集い盛大に開催されました。総会に続いて特別講演会では、旭陵65期の臨床心理士、井上麻紀さんより「心が折れないように暮らすには」と題してメンタルヘルスケアの現場で起こっている実例と問題点、そして自己分析の方法や予防策まで大変興味深いお話をいただきました。出席者のアンケートでも大変大きな反響があり、当番幹事として(吹奏楽部の先輩として)彼女に登壇をお願い(強要?)した私にとっても非常に嬉しいことでした。引き続いて懇親会では、先に東京支部総会で上映された、63期の村田先輩の編集によるDVD「ノスタルジアと生きていく」のダイジェスト版を披露していただき、懐かしい故郷下関や西高の様子、仲間の写真や映像に会場から盛んに拍手や歓声が挙がりました。

 今回私たち64期に当番幹事が回ってくるまで、関西支部では同期が誰も見付からず総会でもいつも私独りでした。そこへ東京支部の喜多佳子さんが中心となって同期のネットワークを構築してくれたお陰で、関西支部でもたくさんの同期が集まり総会の準備から当日の進行、総会後の二次会まで積極的に参画、協力してくれました。卒業以来、いや在学当時は面識すら無かったメンバーも含めて、1年前には考えられなかったほどの同期の結束を固めることが出来たことは今回の総会の大きな収穫でした。

 今年の当番幹事である65期、そして続く66期以降も現時点では非常に心細い状況ですが、この機会に同期の繋がりを深め、ひいては間も無く100周年を迎える我が西高の伝統をしっかり受け継ぎ、支えていける土壌が、ここ関西支部でも根付いていくことを願ってやみません。  


 


  関西支部総会に参加して 

                                                                                         6
4期 喜多佳子 

 
今年(2018年)東京支部当番幹事代表の大役を仰せつかった私ですが、実は西高を卒業して以来同窓会活動には一切関わっておらず(ごめんなさい!)、一昨年まで各地にある支部の存在も知りませんでした。その春、卒業後30年にして初めて東京支部総会の開催を知り、同期に会えるかもと期待を抱いて参加したのですが、残念ながら当日の64期の参加者は私のみ、しかもその場で先輩方から「再来年は幹事だよ」とミッションを言い渡された私は、それから予期せぬ同期探しに帆走することになります。当時は高校時代の友人達とはすっかり疎遠になっており、年賀状を交換する同期がたったひとりいるのみという前途多難な状態それでもあの手この手で情報収集をしているうちに少しずつ同期の所在が判明し、昨年の本部総会の日に下関で念願の同期会を開催!東京支部総会の日には東京でも同期会を開催し、満を持して関西でも同期会を開催すべく、それに先立つ関西支部総会に参加させて頂いたのでした。

 
斯くして臨んだ関西支部総会、東京支部の総会もたった2回の参加経験しかない私ですが、僭越ながら両者を比較させて頂くと、まず関西の総会は東京よりも規模が小さいためか、それとも常連さんが多いためか、東京にはない「手作り感」や「ぬくもり」があるように思いました。例えば、会場に「今度〇〇の会がありますので、参加ご希望の方はここに名前を書いてください」というお知らせが掲示してあったり(思わず名前を書こうかと思いました!)、参加者の皆さんが懇親会の景品を持ち寄られていたり(“顔”が見える景品で当選した方も嬉しそう)、同じテーブルの方もそれ以外の方も顔なじみの様子で気軽に声をかけ合っていてその和気あいあいとした雰囲気のおかげで初顔の私もすっかり楽しませて頂き、今後も時々関西の総会にもお邪魔したいなと本気で考えているくらいです。“特別講演”があるのもいいですね!臨床心理士の井上先生のお話、なるほど~と頷きながら聞かせて頂きましたし、在校時に教わった友永先生のお話には、高校時代の音楽の授業に戻ったような懐かしい気持ちにさせられました。

  
一方東京支部の総会、3百名を超える参加者があり関西のようなアットホームな雰囲気には欠けるかもしれませんが、大規模総会ならではの良さもあります。多種多様な分野でご活躍されている先輩方や後輩達と知り合える機会でもありますし、懇親会では豪華な景品や入念に準備されたコンテンツ…昨年は、昔の下関や西高、懐かしい通学路や卒業アルバム写真の映像のほか、戦時中に西高の前身である関中に在学しておられた先輩方の座談会の様子も放映され、貴重な当時の体験談を伺うことができました。 さて、今年の東京支部の総会は7月29日(日)午後の開催予定です。ご参加頂いた皆様に来てよかったと言って頂けるよう幹事団メンバーが知恵を絞っておりますので、関西の皆様もたまには東京に足をお運び頂き、関西とは一味違う東京の総会をお楽しみ頂けたら嬉しいです。  




(1) 2 3 »




旭陵同窓会 旭陵同窓会関西支部 下関中学校・下関西高等学校
Copyright 2005-2014下関西高旭陵同窓会 関西支部 All Right Reserved.